中部土木株式会社 | CHUBU DOBOKU

エントリーする

現場を知る

中部土木の実績をご紹介

tonarino -トナリノ-

場所 名古屋市北区名城1-4-1
工期 平成29年 4月オープン
概要 みんなで育む、名城公園の新しい顔。
来園者の”となり”に寄り添ってサポートできる施設にとの思いから「tonarino」と名付けられた複合商業施設。カフェやレストラン、ラン&サイクルステーション等が「食・体・緑・集」の4つのテーマのもとで展開

東名高速道路 守山スマ-トインタ-チェンジ工事

工事場所 名古屋市守山区
工期 平成26年 6月27日~平成29年 7月10日
発注者 中日本高速道路㈱名古屋支社
工事概要 平成22年6月に都市計画決定された東名高速道路守山パーキングエリアに接続するETC専用インターチェンジの下部工を施工である。 守山SICが完成すると、名古屋市東北部のまちづくりの推進・広域交流の活性化が図られるとともに、交通分散効果による東名高速道路名古屋インターチェンジ周辺の交通集中の緩和、環境の改善が期待される。

口論義運動公園蹴球場整備工事

工事場所 日進市北新町地内
工期 平成28年8月20日~平成29年2月28日
発注者 愛知県建設部
工事概要 蹴球場/1面 11,294㎡
蹴球場 天然芝グラウンドを、人工芝グラウンドに改修する目的
公益財団法人日本サッカー協会(JFA)のJFAロングパイル人工芝公認を取得する。
JFA公認取得で、JFAが主催する国内競技会が開催できる。
国民体育大会
全国社会人サッカー大会
全国クラブチームサッカー選手権大会
総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント
全国高等学校総合体育大会サッカー競技
全国中学校体育大会
ロングパイル人工芝の特徴 多少の雨でもグランドがぬかるむこともなく、芝の養生期間が無く、オールシーズン使用できる。
ロングパイル人工芝は、充填材部分の厚みが確保され、クッション性が天然芝の感触に近く、怪我の防止となる。